« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月の6件の記事

2005/10/22

iPodとか

 Appleの怒濤の新製品ラッシュが一段落付いたみたいですね。
 iPod nano, iPod, iMac, PowerMac, PowerBook,....iBookは??

 ま、それはいいとして、今まで iPod vs ウォークマンな記事が多かったのですが、ビデオが見られる iPod となって、PSPとの比較記事も増えてきましたねぇ。いや、いいんですけど、ビデオ性能で言えば、画面の大きさなどから言ってもPSPの圧勝。しかも、ゲーム機として1000万台以上出荷されているわけですから、勝負にはならないと思います。あくまでiPodはミュージックプレイヤーということで。ビデオはおまけです。

 それと、ウォークマンAの発売日も近づいてきました。ソニー陣営も張り切っていると思います。「いくらウォークマンAがすばらしいとはいえ、iPod Photo以来1年もモデルチェンジしていないiPod相手では勝って当たり前、相手にもならない」と思っていたソニーのお偉方も、第5世代iPodを見て、「少しはウォークマンAを追いかけてくる存在になったかな」と考え方を改めたことでしょう(笑)。

 さて、私としてはPowerMac G5が気になります。Intel Mac登場までに、あと1回、クロックアップのマイナーチェンジがあると思っていますが、いまのPowerPCのクロックアップの停滞を見ていると、それもつらいかなぁ・・・。なんとか3GHzで最後を飾って欲しいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/16

iPod with VIDEO

 さて、無事iPod with VIDEOも発売されたようです。
 私は、ビデオが見られるiPodには賛成派、ただし、まだ時期尚早だと思っていました。

 なぜ賛成かというと、もともと私はテレビっ子で映像作品が好きだったので、いつでも何処でも見られるといいと思っていました。自分でビデオの編集をしたりしていたのですが、それを他人に見せたりするときに手軽に見せる手段が欲しかったのです。

 なぜ時期尚早だと思ったかというと、エンコードに時間がかかるからです。iPod Photo(後にiPod)に写真データを転送する時も、iPod用にデータ変換をするため、単なる音楽データ転送よりも時間がかかりますが、動画となると静止画の比較できないくらい時間がかかるでしょう。現に、QuickTime7.0.3で加わったiPod用に変換機能を使うと、変換にかなりの時間がかかります。母艦であるコンピュータの速度がもっともっと速くなるべきです。

 さて、iPodでは「画面が小さすぎる」「解像度が低すぎる」という指摘が多々見受けられます。全くその通りです。私もiPodで映画とかは見ないでしょう・・・・出張で2時間新幹線に揺られて・・・の時は見るかもしれませんが。
 その点、iPodはミュージックビデオを前面に押し出しており、長編・大作は最初から相手にしていないことが伺えます。あくまで、手軽に見る手段に過ぎないと。小さい画面の立場をわきまえているのでしょう。

 願わくば、「手軽に見る映像」に多くのコンテンツホルダーが賛同してくれることを・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/10

One more thing

 あ、そういえば、ちょっと前に「One more thing...」の話が出ていて、新型iPodか、新型Macが発表されるのではないかという憶測が飛んでいたけど、QuickTakeの新型というのもありなんでは?? と思ってみたりする。Newtonの復活よりはありかも(笑)。QuickTake - iPhoto - iPodという流れもできるしね。あ、嘘です。もう飽和寸前のデジカメ市場に今更参加なんかできませんよ。

 ま、初代iPod以来、マスコミ宛に謎めいた招待状を配布するのはiPod関連の発表と相場が決まっているけれど、iPod nanoが発表されてまだ1ヶ月、iPodの新型が出るとは思いづらなぁ・・・・。だいたい、iPod nanoは開発に1年かけているそうで、新型も同じぐらいかかっているなら多少無理してでも同日発売にすべきだし。
 はたして、13日(日本時間)には、いったい何が発表されるのか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一ヶ月

iPod nanoとウォークマンAの同日発表から既に1ヶ月以上経ったんですねぇ。はやいモンだ。
 とはいえ、ウォークマンAの発売まではまだ1ヶ月あるんですねぇ。既存製品が薄くなっただけという印象のiPod nanoと、スティックタイプを除いてはソフトウェアからハードウェアまですべてが新しいウォークマンA、普通ならどう考えてもソニーに分があるこの闘い、アップルはこの1ヶ月にどんどん供給状況をよくしないとやばいっすよ(笑)。何しろ、ソニーのブランドイメージは高いですからねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/09

iPod携帯の成否?

NTTドコモ、音楽分野で巻き返し  「iPod携帯」開発へと言う話が流れているけど、果たしてどうなるか。
 ドコモ自身は携帯端末を作らないので、メーカーに任せるわけだけど、たとえばパナソニックなんかはSD-Audioと言うのを進めているので、SD-AudioとiPod携帯に相反する物があればパナソニックがドコモから撤退する可能性もある。本当かどうかは知らないけれど、ドコモ携帯の音楽フォーマットとしてATRACではなくAACを選んだため、ソニーはドコモから撤退したという話もあるし。
 ドコモ携帯のオプションとしてiPod携帯を規定するか、携帯の標準規格として規定するかで参加するメーカーが変わってくるだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/10/01

オープンなソニー、クローズドなアップル・・??

 MyCometG3さん経由のOricon記事。
 うーむ、News Analysis などと言うくらいなら、情報をしっかり調べて欲しいなぁ。売れ行き好調なiPod nano。ソニーは11月投入のウォークマンAで追撃できるか?の最後、一方のアップルは周知のとおり、AAC規格に拘った、マッキントッシュ以来の極めて閉鎖性の高い戦略を今後も貫いていくだろう。規格の側面でも、オープン化を進めるソニーとクローズドな独自路線を歩むアップルと書いてある。
iPodがサポートするオーディオフォーマットはAAC、MP3、Audible、Apple Lossless、WAV、AIFFといくつかあるが、初期iTunesのデフォルトはMP3、現iTunesのデフォルトがAACと言うことを考えると、多くのユーザーはAACまたはMP3を使っているだろう。MP3はMPEG Audio Layer Ⅲという、MPEGで定められたオーディオ規格。一方AACもMPEG2-AACというオーディオ規格。AACは独自規格でもなんでもない、MP3と異母兄弟の国際標準規格だ。
 一方のソニーは、デフォルトはATRAC3/ATRAC3plus。ATRACはMDプレイヤーなどで使われている業界標準だけど、ATRAC3等はまだソニー独自のものという印象が強い。MP3は先に述べたように国際標準だけど、WMAはマイクロソフトの独自規格。
 はたして、国際標準規格をデフォルトに据えているアップルと、独自規格をデフォルトに据えているソニー、どちらがオープンでどちらがクローズドなんだろうか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »