« 出荷完了 | トップページ | オープンの世界に閉じこもる »

2006/05/09

Apple vs Apple

Apple Computer、iTMS でリンゴのロゴを使用する権利を確保によるとAppleの商標に関する裁判の判決が出たそうです。
 私はちょっと勘違いをしていて、Appleという社名そのものと、その事業活動(同じAppleという社名で音楽関係の事業を行っている)が裁判の焦点となっていると思ったんですが、どうもロゴマークとiTMSが問題だったみたいですね。
 で、判決は、Apple Corp.は、音楽そのものに林檎マークを付けて販売しているけど、Apple ComputerのiTMSでは、音楽そのものには楽曲の所有者のマークが付いていて、林檎マークはiTMSというサービスについているものだということで、過去の協定違反にはならない、と言うもの。
 将来ビートルズの曲がiTMSで販売されたら、かじられた林檎マークのiTMSからダウンロードし、ダウンロードした曲データ(のアートワーク)には(かじられた林檎ではなく)青リンゴが表示されることになりますね。

|

« 出荷完了 | トップページ | オープンの世界に閉じこもる »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3290/9976684

この記事へのトラックバック一覧です: Apple vs Apple:

« 出荷完了 | トップページ | オープンの世界に閉じこもる »