« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の3件の記事

2006/08/19

商標のつづき

 googleの一般名称化に先立ち(?)、先日正露丸の商標問題がありましたね。そのときは箱のデザインの問題でしたが、あれも「一般的な正露丸の箱のデザイン」かどうか、が底に流れる問題でしたし、かつては「正露丸」の名称も一般名称かどうか争ったことがあったらしいです。
 元々正露丸は日露戦争の頃日本軍が使っていた「征露丸」が元で、広く使われてはいたんですが、当然最初に薬を作り、正露丸と名付けた人がいたわけで、その人の元で正露丸を作っていたメーカーが「正露丸を自社の商標に」と考えるのは当然・・・でありながら、すでに広く使われているという理由で商標は認められず・・・。 いまではどこのメーカーでも正露丸という名称の入った商品を作ることができる(現に20社以上作っているらしい)。

 あちこちのサイトを見ていると、「googleが一般名称になることはgoogleにとって名誉だ」という発言が見られるけど、一般名称になった時点であまたの言葉の中に埋もれてしまうというのが現実だと思うのだけど、いかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/18

googleと商標

グーグル、「ググる」の使用に難色ということで、商標関係の本を読んでいただければ必ず載っている自社ブランドの保護につとめている話。
 自社の製品・ブランド名が一般名称になるというのは非常に光栄なことと思いきや、意外とそれは忘れ去られてしまったりするんですよね。「宅急便」とか、「ウォークマン」はまだ「ヤマト運輸」や「ソニー」の商標だって知っている人は多いでしょうが、それでも他社のサービスや製品に対してうっかり呼んでしまうことが多いし、「デジカメ」なんて、どこの商標か誰も知らないんじゃないでしょうか(ちなみに「三洋電機」の商標)。

 ちなみに、一度一般名称として認められると、他社が「google」という名前のついた商品・サービスを出しても「これは一般名称だから」ということでそれを差し止めることができなくなってしまいます。いま、「デジカメ」と聞いても「三洋電機の影響力は大きかったんだなぁ」と思う人は誰もいないように、googleと聞いてgoogleを思い出す人はいなくなるのかもしれません(逆に企業のgoogleが一般名称のgoogleから名前をとったと思われることになるかも)。

 ちなみに三洋電機はデジカメのOEM販売をしており、一時は市場の半分以上のシェアを持っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006/08/16

ビル・ゲイツ氏すでに引退、パワー・マック搭載のMacPro

アップルコンピュータに物申すということで、学生時代時からAP通信で働く。衛星放送の番組ディレクター、読売新聞英字新聞部記者を経て、現在シリコンバレーと東京を拠点とするライターの高木さんの記事。
 この、カメラのフラッシュを使わないように指摘されると 「フラッシュの操作が止められない」という元新聞記者によると、今回のWWDCではパワー・マックを搭載した新しいMacProが発表されたそうで、どうも高木さんの独占スクープみたいですね。WWDCではNDAを結ばなくちゃいけないのに、こんなこと発表していいんでしょうか(笑)。ちなみに、パワー・マックを搭載したMacProって、どんな形なんでしょうね。Power MacもMac ProもMac miniみたいに積み重ねることはできないから、横につながってるんでしょうか??
 そうそう、いつのまにかビル・ゲイツ氏が引退したそうで、他社の記事では2008年引退となっていまるのに、こちらも独占スクープですよ。いずれ大々的に報じられるんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »