« ビデオ編集データの移動 | トップページ | Apple & Apple »

2006/11/26

AN Movie Saver 2.0

 うう、この土日にがんばってAN Movie Saverの改良を行っていました。
 従来のNSMovieを使ったモジュールから、QTMovieを使ったモジュールにしました。NSMovie, NSMovieViewがそのままQTMovie, QTMovieViewに置き換えることができるかと思ったんですが、意外と異なる部分が多いため四苦八苦・・・。
 しかし、1.3cで再生できなかったムービーも再生可能になり、2時間耐久再生も大丈夫だったので、とりあえず公開してみます。
 AN Movie Saver 2.0
 QTKitを使った関係で、QuickTime 7をインストールしたMac OS Xでしか利用できなくなりました。ご了承ください。

|

« ビデオ編集データの移動 | トップページ | Apple & Apple »

AN Movie Saver」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

おおお。もう2.0の登場ですか。お休みを費やしてのプログラミング、ご苦労さまです。ありがたいことです。
早速試させていただきますね。何か気になることがありましたらご報告させていただきます。

投稿: ばび | 2006/11/27 02:38

AN Movie Saverが、 2.0にバージョンアップになりましたか!

Naoさんの土日の頑張りが報われますように、早速、使ってみます。

何か見つかれば、ご報告します。

投稿: 浅黄あぎと | 2006/11/27 03:59

試してみました。
確かに再生時に落ちてデスクトップ画面に戻ることはなくなりましたが、まだ何か潜んでいるようです。
具体的には、ムービー冒頭の0.5〜1秒程度を再生したところで次のムービーに切り替わってしまう、という症状が出ています。
大量のCMムービーファイル(ほとんどが15秒か30秒)が入ったフォルダを指定して、シャッフル再生で20分程再生させましたが、3回程この症状が出ました。
相変わらず症状が出るムービー形式は様々で、条件は特定できていません。
リリース直後で恐縮ですが、報告は早い方が良いと思いまして(^_^;)
機能的には今の状態でほぼ満足しておりますので、原因追求の方はどうぞごゆっくり。

投稿: ばび | 2006/11/27 05:03

 いつもコメントありがとうございます。
 ところで、バージョン番号って、どうやってつけるのがいいんでしょう? 今までは0.1刻みだったんですが、今回はQuickTime6以前では利用できなくなると言う、ユーザーをかなり限定する変更があったので2.0までとばしてみました。
 それはさておき、ムービーの冒頭で次のムービーへ行ってしまうというのは確かに変な挙動ですね。QTKitでは、ムービーの再生が終わると呼び出されるメソッドを指定できる、という機能があって、それを利用しているんですが・・・・もう少し調べてみます。

投稿: Nao | 2006/11/27 06:28

バージョン表記、今の付け方で問題ないと思います。
機能の面で大幅に追加や変更を加えたり、使い勝手が変わってしまったりといった場合は、大枠の名称を変更する方がいいかも知れませんが(『○○○○2』とか『○○○○Advance』とかw)今回のように、プログラム的に抜本的に書き直したとしても全体の仕様に大幅な変更がない場合は、今やられてる通り、一番大きな桁の数字を変えるというのが論理的でいいと思います。
一般的には『ver.○.○.○』と3つの数字を付けて、バグフィックス等の比較的細かいリビジョンの場合は一番下の桁を、新機能の追加等がなされた場合は真ん中の桁を、そして大きな仕様変更の場合は一番上の桁の数字を上げていく、というのがスタンダードだと思われます。

投稿: ばび | 2006/11/27 17:00

ご報告です。
使用環境:iMac DV(PowerPC G3)/MacOSX10.4.8/1〜20分ぐらいの拡張子mpg/mov/wmvのムービーファイル157個の入ったフォルダ

その1
2〜3分ぐらい再生してから、復帰する時にデスクトップは、すぐに復帰するのですが音声が1〜2秒ぐらいそのまま流れることがあります。
※これは、iMac DV(PowerPC G3)の性能のせいかも知れません。

その2
こっちの方が深刻で、2時間半ぐらい再生してから復帰しようとクリックしたら、

ムービー停止 → もう一回クリック → 再生 → 今度はエンターキーを押す → ムービー停止 → もう一回エンターキーを押す → 再生 → ・・・永遠に繰り返し

最終手段として、リセットをして再起動すると、

デスクトップに「ムービークリッビング」というムービーファイルがたくさん生成されていました。

再生するとクリックを押したときと同じムービーが再生されたときと同じ画像サイズで再生されたので、クリックやエンターキーを押した時に生成されたと思います。

まだ、1回しか確認してませんが報告は、速い方が良いと思ったので報告します。

僕の考えとしては、QTKit関係のバグなのでは?

投稿: 浅黄あぎと | 2006/11/27 17:42

 ばびさん、バージョン番号の件、ありがとうございます。小さなバグフィクスとかをするときは、3桁目で対応したいと思います。
 浅黄あぎとさん、バグ報告ありがとうございます。私の環境ではちょっと再現しないので、ひとまず推測を。
 音声が残る件:おそらくバッファにたまっている分をはき出すまで残っているのだと思います。実害は少なそうなので、ちょっと優先順位は低めで対処します。
 永遠に繰り返しの件:これはちょっとわからないのですが、ループの中で「ムービー停止」とあるのは、映像や音声が「止まる」だけで「デスクトップ画面には戻らない」ということですね。だとすると致命的な問題なので、早急に対処したいと思います。
 いつもバグ報告ありがとうございます。

投稿: Nao | 2006/11/27 21:50

>ループの中で「ムービー停止」とあるのは、映像や音声が「止まる」だけで「デスクトップ画面には戻らない」ということですね。

その通りです。

後、2分ぐらい再生しても、1回だけですが同じ現象がまた起こったので報告します。

再生時間とは、関係ないみたいです。

投稿: 浅黄あぎと | 2006/11/27 23:01

 メモリの確保・解放し忘れに的を絞ってソースを調べたりしているんですが、どうもはっきりとした原因が見つかりません。
 もうしばらくお待ちを。

投稿: Nao | 2006/11/29 23:13

初めまして!Metalと申します。m(__)m
素敵なスクリーンセーバソフトをありがとうございます。
拙生のブログで紹介させていただきました。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: Metal | 2006/12/02 21:23

Naoさん初めまして。自分も動画再生するSSほしかったので自作しようと考えてましたが、AN Movie Saverのおかげでその必要なくなりました。
OS10.5.4MBproで問題なく動いています。主な使い方はタイムカプセルに保存している動画をMacBook Proのムービーに参照ムービとして書き出すか、エイリアスとして保存しておきそのファイルを指定して使っています。このやり方でも問題ないですが、2窓で使っている場合二つのまどそれぞれで再生のラグが起こって少し重くなってしまいます。
ウィンドウ指定できれば良いなと思いました。
かなりありがたいセーバーなので重宝しています。どうもありがとうございました><

投稿: ゲシュタルト | 2008/09/08 17:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3290/12837379

この記事へのトラックバック一覧です: AN Movie Saver 2.0:

» ムービーをスクリーンセーバに - AN Movie Saver 2.0 - [林囓(リンカジ)Switch time to Mac !]
もともと、画面の焼き付け防止のために登場したスクリーンセーバ、今はほとんどのPC用モニタが液晶画面になってしまったので、特に無くても困らない。 それに、Macをバリバリ使って作業しているときは、当然スクリーンセーバの出番は無く、普段は全く意識しない存在。 では..... [続きを読む]

受信: 2006/12/02 21:18

« ビデオ編集データの移動 | トップページ | Apple & Apple »