« Zuneについて思う。 | トップページ | AN Movie Saver 1.3c »

2006/11/17

Vistaのユーザーインターフェース

 まず、私はMacユーザーであるので、そちらよりの視点から見ていると言うこと、同じく、Vistaのベータバージョンを試していないので、雑誌やウェブの情報だけからこの記事を書いていることをお断りしておく。

 Windows Vistaの特徴であるAero、至る所が半透明なのだが・・・、ユーザーインターフェースに直結するところまで半透明なのはいかがなものか。ウィンドウの最大化、最小化ボタン、ウィンドウの枠(Windowsではウィンドウの枠はウィンドウサイズを変更するためのインターフェースになっている)など、あちこちが半透明になっている。タスクバーの背景も半透明になっている。
 半透明は、意外と使いにくい。ウィンドウが重なっても下に何があるかがわかって良いという評価もあるが、肝心な作業中のウィンドウが見にくくては本末転倒である。特に、文字の背景が半透明だと読みづらい。
 半透明はMac OS Xも売り文句にしていた、という気がするが、意外なことに、普段のユーザーインターフェースで半透明な部分は少ない。せいぜいDockの背景ぐらいだが、Dockはアイコンに意味があり、背景にはあまり意味がない。プルダウンメニューがかろうじて半透明だが、ほとんど不透明に近い状態だ。半透明を売りにしていたにもかかわらず、意外なほどにユーザーインターフェースには使っていない。きれいだから、新しいからといっても、それを前面に押し出さないのがアップル流なのかもしれない。

 そういえば、Macはアイコンを多用したことでも知られているが、よく使うであろうメニューバーは文字だった。アイコンでは意味がわかりにくいと思われるところではアイコンは使わない、当たり前のようだが、アイコンを前面に出してきたアップルにとっては英断だったのかもしれない。一方、Microsoft Officeシリーズは、アイコンで画面が埋め尽くされるのではないかというほどアイコンを多用しているが、ポップアップヘルプが出るまで何の機能かわからないアイコンが多くて困ったことはないだろうか。

 古川さんのWindows Vista RC1 ドッグフードを食す、その3を読むと、Vistaではすばらしいフォントを採用していることがわかる。しかし、それが画面上でうまく生かせていないようだ。美しい画面は良いが、使いやすい画面であること、それは最低限押さえてほしい。

|

« Zuneについて思う。 | トップページ | AN Movie Saver 1.3c »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3290/12723944

この記事へのトラックバック一覧です: Vistaのユーザーインターフェース:

« Zuneについて思う。 | トップページ | AN Movie Saver 1.3c »