« 2007年12月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年1月の14件の記事

2008/01/30

Cocoaアプリケーションチュートリアル

リンク: Cocoaアプリケーションチュートリアル.
 Cocoaアプリケーションチュートリアルが公開されたので見てみたら、通貨変換アプリケーションだったので、「あれ、これは以前からあるよなぁ」などとぼーっと眺めていたら、Objective-C 2.0の話も載っている。Interface Builderの画面も新しくなっているし、ちゃんと最新版にあわせて書き直してあるんだねぇ。もう一度やり直してみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/28

ERGOSOFT撤退

リンク: ERGOSOFTパッケージソフト事業から撤退.
 えーっと、Macユーザーなら古くから有名なエルゴソフトが、パッケージソフト事業から撤退するそうです。うーん、まだつい最近までegbridge等のLeopard対応とかでがんばっていたのに・・・。

 ビジネスに強いとか、ソフトが豊富とか唄っていながら実用的な日本語IMEがMS-IMEとATOKしかなかったWindowsに比べ、ことえり・ATOK・egbridgeと日本語IMEが3種類もあったのがMacの良さだったのに(笑)。

 しかし、エルゴソフトってコーエーの子会社だったんだね。ちょっとびっくり。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/01/21

MacOS Xのアイコン

 旧MacOSのアイコンは32×32ピクセル。MacOS Xから128×128になり、Leopardから512×512に。
 カバーフローで表示するととてもきれいなアイコンなんだけど・・・・、正面のアイコンはともかく、両側のアイコンは斜めになっていて変な感じ。となると、必然的に考えられるのが3Dアイコン。最初から3Dなら、斜めになってもきれいに表示されるはず。
 などとぼけーっと考えていたけど、もはやそれはアイコンでは無いねぇ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/20

Office 2008 for Mac

 前回、Excelで遅い、遅いと書きましたが、原因はグラフのようです。セルに数字を入力するときも、2004に比べるとちょっと遅い感じがしますが、グラフが関係すると特に遅くなります。
 実は、PowerPointでも、若干凝った絵の入ったPowerPointデータを読み込むと、かなり遅くなってしまいました。
 グラフィックがきれいになった分、処理が重たくなったのが残念です。もっと早いPCに買い換えろと言う神ならぬMicrosoftのお達しでしょうか。
 Entourageは速度が速くなっているのに、グラフィック周りが遅いのは残念です。もっと早くなってほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/18

Office 2008 for Mac

 Office 2008 for Macが届いたので早速インストールしてみました.

 一番良く使っていたEntourageは、ツールバーが大きくなった影響でメール本文の表示領域が狭くなりました。さらに、デフォルトの文字サイズが大きくなったのでさらに表示領域が狭くなった感じです。とはいえ、この辺りは文字サイズの調整をするだけなので問題ありません。HTMLメールの表示速度や、メールリストの表示も速くなったので快適になりました。一方、予定表は、日付など太文字で表示されているものについては、アンチエイリアスが強すぎてぼやけた感じになっています。肝心の予定などは普通の文字なので問題ありません。
 ひとまず、Entourageはバージョンアップの価値十分です。

 Excelについても、このアンチエイリアスが強すぎです。グラフの背景にある軸線・補助線がアンチエイリアスのため太く見えます。元々0.25ポイントの太さなのに、3ポイントぐらいありそうです。まぁこのあたりは慣れればなんということは無いかもしれません。それ以上に問題なのが、速度です。800点×4項目のデータをX-Yグラフでプロットしているのですが、ここに新たにデータを追加しようとしても、入力が追いついてきません。800×4のデータは、Excelで扱える最大セル数に比べれば遥かに小さいと思うのですが。
 速度の1点において、Excelはバージョンアップの価値なしかな・・・と思います。というか、あまりに遅いので、それ以外何も試していません(笑)。

 WordやPowerPointはまだ試していませんので、いずれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/17

DV-ACW55

 さて、私はDV-ACW55というHDD+DVDレコーダを使用している。
 これがなかなか・・・・使いづらい。
 ダブルチューナーで録画が便利なのはいいのだけど、全体的に反応が鈍い。メニュー項目をたどるときに一呼吸はいる感じ。
 HDDに録画したテレビ番組の編集をするとき、一こまずつコマ送りをしていると、突然タイムコードが飛んでしまう。反応の遅さと相まって非常にいらいらしてしまう。
 次の問題点はHDDからDVDへのダビングに失敗すること。今までに8回ぐらい失敗した。DVDは読み書き不能になるし、HDDからデータは消えるし。何とかならないだろうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/16

MacBook Air

 今更取り上げるのも何だけどMacBook Air。有線でつながる物を極力排除した感じですね。ひょっとしたら外部モニタ出力端子まで無くなったかと心配したんですが、それは確保したみたい。ビジネス用途に使う人は一安心ですね。
 
 私が今使っているノートパソコン環境では、いろいろ文章を打ち込んだりするのでフルキーボード採用はうれしい。画面もまずまずの大きさ。USBには何もつなげていないのでUSB端子が1基しかなくても問題なし。LANも無線を使っている。CD/DVDはアプリケーションのインストールぐらいにしか使わない。時々職場に持って行くから軽いとうれしい。いつも電源ケーブルにつないでいるからバッテリーの問題はさほど。うん、MacBook Airは私の使い方にはマッチしているようだ。
 願わくば、電源ケーブルを差し込まずに乗せるだけで充電・・・なんてオプションがあったらうれしかったなぁ。

 とりあえず、先立つものを準備せねば・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/01/15

OpenCVをインストールしてみたい---3

 さて、ユーザヘッダ検索パスとライブラリ検索パスを設定し、ダイナミックライブラリを追加すれば、コンパイルが・・・・、って思ったのにエラーが。
  warning in /sw/lib/libhighgui.dylib, file is not of required architecture
 って、アーキテクチャがどうのこうのって言っているから・・・・アーキテクチャをPPCだけにしてみた(現在実行しているマシンはPowerMac G5だから、たぶんintel macだったらi386だけにすればいいのかな)。
 おお、ちゃんとコンパイル・実行ができた!

 早速サンプルをいくつかXcode環境で実行してみた。おお、ちゃんとできる。これでOpenCV on Macは終了だ・・・。

一応、ここまでの環境を。
PowerMac G5 1.8GHz Dual
MacOS X 10.5.1
Xcode 3.0
OpenCV 1.0
Fink Package manager 0.27.10
Fink Distribution 0.81

 が、まだ、ちょっと変な動作をするサンプルプログラムがあったぞ・・・。
 それはまた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/14

OpenCVをインストールしてみたい---2

 さて、いよいよOpenCV1.0.0をダウンロードしてインストール。このあたりはOS X ハッキング! (203) OpenCV+iSightで顔を認識?のとおり。そして、サンプルもコンパイルして実行。おお、ちゃんと実行できる!! これでOKだ。

 と、ここで、次の問題が。XCodeでコンパイルするには? まず、cv.hなどのインクルードファイルが見つからないエラーが出る・・・。
 とにかく、ネットで調べてみると、OpenCV for OSX インストール編 2007/03/19 小池研究室 M1佐藤俊樹というところを発見。どうやら、
./configure

--prefix=/sw
というオプションを追加する必要がありそうだ。
早速やり直し。
と同時に、Fink関係で、昨日インストールした物以外にもインストールしなければいけないようなので、そちらもインストール。結構時間がかかりそうだ。
 続きはまた。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/01/13

There's something in the air.

リンク: Mac News:空中に何かが・・・.
 今年のMWSFのキャッチコピー(?)は"There's something in the air."とな。いくつかの噂サイトでは、MacBook airという、新しいMacが出るのでは、予想しているけど。
 思えば、初代iMacは下のほうが丸く絞られ、角度をつけるためのヒンジも半透明。初代液晶iMacも大福部分と液晶部分が棒1本で。当時のシネマディスプレイも枠が透明だった。空中に浮いている感はMacの必需品だろうか。
 ほかにも、PowerMacG3以来のプロマシンも脚があって、ちょこっと床から浮いているし。
 しかし、それ以上にin the airを主張するとなると、やっぱり「机」に置かずに手に持ったまま使うパソコンなのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

OpenCVをインストールしてみたい---1

 OpenCVという物をご存じだろうか。オープンソースの画像処理ライブラリなのだ。もともとIntelが開発していた物なので、Windows向けにはインストーラが用意されていたりして便利な状態。しかし、これをうちのMacにインストールしてみようと思ったのだ。

 が、いきなりつまずいた。

 OS X ハッキング! (203) OpenCV+iSightで顔を認識?を参考にインストールしようとしたのだが、前準備に必要なFinkをダウンロードできない!! というか、http://www.finkproject.org/が無くなっている・・・・。

 とりあえず、sourceforgeに行ってみるとFink0.8.1を発見。早速ダウンロードし、インストール・・・あれ? インストールできない!! 「10.3以前ではインストールできません」というエラーがなぜか10.5環境で出る・・・。

 インストーラ付きFinkのインストールはあきらめて、ソースコードをダウンロードし、インストール。インストールは予想以上に長かった。こんなに長いと思っていなかったので時間を計っていなかったけど、20〜30分くらいかかったんじゃないだろうか。

 無事インストールが終わったので、FinkCommanderをダウンロード。こちらは10.5でも問題なく動いた。pkgconfig, libjpeg, libpng3, libtiffをインストールして今日はおしまい。また明日がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/11

NHKオンライン「ラボブログ」:NHKブログ | お知らせ | NHK時計、壁掛け時計として発売

リンク: NHK時計、壁掛け時計として発売.
 いやぁ、NHK時計が発売されることになったんですよ。昔、自分の腕時計をあわせるときにNHKの時計をみながら・・・という経験はないでしょうか。
 さて、ちょっと驚きだったのが、あのテレビに映っていたNHK時計、本物の時計をテレビに映していたらしいのです。昭和43年と言えばCGなんて存在しない時代ですが、針の影が落ちていた記憶もなく、ずいぶんきれいに映っていたんだなぁと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/08

Apple Introduces New Mac Pro

リンク: Apple Introduces New Mac Pro.
 あ、あれ? 新しいMac Proが出たの?? まだApple StoreもWe'll back soonのままだし、Mac Proのページも3.0GHzのままだけど・・・、とりあえず最大3.2GHz 8Core、アルミキーボードらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/05

Macworld Expo

 さて、世間ではCESに注目が集まる中、Macユーザーな我々にはその先にあるMacworld Expoが非常に気になるところです。いつものごとく、事前にいろいろなうわさ話が飛び交っていますが・・・・、またいつものごとく、あまりすごい発表はないのでは・・・・とか思ってしまいます。
 去年はiPhoneがありましたけど、今年はMacの順当なアップデートで終わるのでは・・・。世間では超薄型とか、ドックタイプとか、マルチタッチとか言われていますが、あまり期待すると・・・。
 特に、マルチタッチタイプは時期尚早なのではと。マルチタッチのよいところは、直感的な操作で初心者にも優しいところ。しかし、どうしても普通のタイプより値段が高くなってしまいます。初心者に高額なタイプを買わせるというのはちょっと。Windowsでも、ペン操作で楽々操作のものが高額でプロ仕様になるなど、アンバランスになっています。
 iMac以降のアップル再生の肝は、発売する機種を絞ることで経費も絞ったこと。当時の4つのマトリクスを逸脱する機種は成功していませんしね。
 ですから、せいぜい超薄型。とは言っても、過去のアップルは光学ドライブなしのノートパソコンは作っていませんから、現状よりもうちょっと薄いだけかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年4月 »