« 2008年1月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の2件の記事

2008/04/25

iPhone SDK β4

 iPhone SDK のβ4が出た。例のごとく、PowerPCはサポート外だが、β3の時と同じ方法でインストールすることができた。
 しかし、iPhoneシミュレータ、β1のころは日本語入力ができたのだが、β2,3の時はエラーが発生してしまい、β4では入力そのものができなくなってしまった。なぜだろう?? 単なる私の設定ミスか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/12

iPhone SDKβ3 + PowerMac G5

 iPhone SDKはβ3まで進んだようです。標準ではIntel Macにしか対応していませんが、PowerMacでも動かすことはできるようです。
とりあえず、私の環境ではこんな風に。

<インストール>

  1. iPhone SDK β2以前がある場合は、「About iPhone SDK.pdf」に従ってβ2をアンインストールして再起動(この手順は省略しても良いかもしれませんが、私の環境では、上書きインストールや、アンインストールして再起動せずにインストールした場合は、途中でエラーが出てインストールできませんでした)。
  2. ダウンロードした「iphone_sdk__beta_3__9m2158a.dmg」をダブルクリックしてディスクイメージを開く。その中のiPhone SDK.mpkgをダブルクリックしてインストール(これで、iPhone SDK以外の開発環境がインストールされます)。
  3. ディスクイメージ内のPacagesフォルダを開き、ファイル名が「iPhone」で始まる5つのパッケージをダブルクリックしてインストール
  4. ハードディスクのルートに「Platforms」というフォルダができているので、その中にあるフォルダを/Developer/Platformsフォルダに移動する。これでインストール完了

<プロジェクトを作る>
  1. Xcodeを起動し、File -> New Projectを選ぶと、新規プロジェクトウィンドウが開く。ウィンドウの左ペインからiPhone OS -> Application を選び、右上ペインからCocoa Touch Applicationを選ぶ。保存ダイアログが開くので、適当な名称で保存。
  2. Xcodeのメインウィンドウが開くので、左ペインのプロジェクトアイコンを選んだ状態で File -> Get Infoを選ぶ(またはツールバーの情報ボタンを押す)。
  3. プロジェクトの情報ウィンドウが開くので、「Base SDK」に「Simulator - iPhone OS 2.0」を、「アーキテクチャ」に「Native Architecture of〜」を選び、「有効なアーキテクチャ」を「ppc」に書き直す。
  4. 一度プロジェクトを閉じる(閉じなくても良いかもしれませんが、私の環境ではコンパイルしてもエラーが発生してしまいました)。
  5. 再度プロジェクトを開き、コンパイルする。実行すると、iPhoneシミュレータが起動し、青い画面になる。
  6. シミュレータのメニューボタンを押して、Xcodeに戻る
というわけで、実はまだプロジェクトのひな形をコンパイルして実行するまでしかやっておりません。後は皆さんにお任せ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年5月 »