« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の5件の記事

2008/06/10

「iPhone独壇場の時代は終わった」と千本氏 イー・モバイルがタッチパネル端末 - ITmedia News

リンク: 「iPhone独壇場の時代は終わった」と千本氏 イー・モバイルがタッチパネル端末 - ITmedia News.

 うーん、なんというか、日本にはiPhoneは上陸してもいないのに、「独壇場の時代は終わった」っていう発言。販売実績ゼロのiPhoneに対して優位を誇った所で全く意味無いでしょ。もっと足下を見て活動してね。

 しかし、docomoもそうだけど、タッチパネル イコール 売れるって言う考え方、改めたほうがいいと思うよ。大切なのはハードウェアスペックじゃなくて、ユーザーが何を求めているか。それに合致した端末はタッチパネルじゃなくても売れるというのは、どちらもわかっているだろうに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhone 3G + β7

 無事、iPhone 3Gが発表されました。同時に、いろんな国での発売日も。
 しかーし、なぜかiPhone SDKはまだβのまま。まだ正式版じゃないの?? あるいは、某ウェブサービスみたいにずーっとβのまま? また発売日までに仕様変更とかで悩む人が出るのでは・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/06

iPhone、ソフトバンクモバイルから登場--ドコモは「残念」とのコメント:モバイルチャンネル - CNET Japan

リンク: iPhone、ソフトバンクモバイルから登場--ドコモは「残念」とのコメント:モバイルチャンネル - CNET Japan.
 さて、ソフトバンクからiPhoneが出ることとなり、他社はそれぞれな反応を示しているわけだけど、docomoのタッチパネルで操作できる端末としは、PRADA Phone by LGなど同様の端末を当社でも提供しているという文章を読むと、本当に残念な気持ちになってくる。
 おそらく、ユーザーが求めているのはタッチパネルかどうかではないはず。現に、過去にdocomoはタッチパネルの端末を発売し、失敗している。PRADA Phoneがうれるなら、それはタッチパネルだからではなく、PRADAだからであり、iPhoneが売れるのは、それがiPhoneだからだ。
 まぁ、それは極論だけど、Appleの良さは、当たらし物を作ることではなく、既存の物に新しい使い方を提案できるということだろう。そうでなければ、「今頃?」と失笑を買っていたiPodが先行他社を追い越せたことの説明がつかない。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008/06/04

「iPhone」について | ソフトバンクモバイル株式会社

リンク: 「iPhone」について | ソフトバンクモバイル株式会社.
 私の予想むなしく(笑)、日本でのiPhone発売が発表されてしまいました。
 とりあえず、日本での発売おめでとう。でもわたしはdocomoユーザーで、しかも家族みんなで云々、簡単には変えられない状況です。
 ま、いつかdocomoでも出るだろうと期待して(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/06/01

iPhoneの発表はあるのか

 ソフトバンクとauの新製品発表が迫ってきました。先日のdocomoの新製品発表でiPhoneがラインナップになかったためか、ネット上の噂もソフトバンクよりになってきました。
 私の単なる予想で言えば、ソフトバンクの新製品発表でもiPhoneの発表は無い、のではないかと。

 今、まさに世界中多くの国でiPhoneの発売が発表されていますが、どれも共通しているのは「詳しいことは今後・・・」という内容。
 日本と韓国以外は現行iPhoneが利用できる訳ですから、現行機は即発売が可能です。にもかかわらず詳しい発表がないということは、新型iPhoneが絡んでいて、それはAppleが発表するまでは秘密にしなければいけない、という背景があるのでしょう。逆に言うならば、新型iPhoneを秘密にしたままiPhoneの発売を発表できる国とは、現行iPhoneが利用できる国だけではないか、と。
 もし、GSMを利用できない日本あるいは韓国でiPhoneの発売を発表すれば、新型iPhone(少なくとも3G対応)を世界に向けて発表するようなもの。Appleがそんなことを許すとも思えません。

 そんなわけで、少なくともApple自身が3G iPhoneを発表するまでは、日本のiPhone発売は無いのではないか、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »