« さよなら、iPod 5G | トップページ | Final Cut Studio »

2009/07/13

Windows 7の価格はなぜややこしいのだろうか

リンク: Windows 7の価格はなぜややこしいのだろうか (1/2) - ITmedia アンカーデスク.
 うーん、甘いぜ。Windows 7にはそれぞれ32ビット版と64ビット版があるから、もっと悩まなくちゃいけない(笑)。
 しかし、不思議なのは2ページ目の店頭でアップグレード版にするか通常版にするかを決めることになる。それから、どのエディションにするかを決めなければならない。という部分。私だったら、先にどのエディションにするかを決めてから、今の版からアップブレードできるかどうかを調べるけどなぁ。

 まぁ、Home Premium, Proffessional, Ultimate、海外ではStarterやIE無し版があって、Starterをのぞけば32ビット版と64ビット版とあるのは、ひとえにユーザーのニーズに事細かに答えようというMicrosoftの優しさ。コンビニやスーパーにベンツやフェラーリで行くのが不自然なように、ライトユーザーのために軽いモノを用意しているだけなのさ。

|

« さよなら、iPod 5G | トップページ | Final Cut Studio »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3290/45624286

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 7の価格はなぜややこしいのだろうか:

« さよなら、iPod 5G | トップページ | Final Cut Studio »