« フランス旅行(ピカソ戦争と平和美術館前) | トップページ | 茶房 布久庵 »

2010/02/17

Office for Mac 2011

 去る2月12日、Microsoft Office for Macの次期バージョンがリリースされることが公式に発表された。
 マイクロソフト Office for Mac、次期バージョンは「Office for Mac 2011」:真のチームメイト

 ブログ以外に文章を打つことがほとんどないためそれほど重要なソフトウェアではないが、それでもないと困ることがあるので注意は払っている。

100212_mac2011_01jpg

 さて、次期Officeからは、Windowsと同様リボンインターフェースが採用される。私は残念ながらOfficeの最新版に触れる機会がないのでリボンインターフェースを触ったことがないのだが、発表当時はかなり批判を浴びたように記憶している。
 批判の一番の理由は、メニューバーをなくしたことだったと思うが、幸いMac版はメニューを廃してはいなさそうなので一安心である。もうひとつの批判の対象であったOfficeメニュー(保存や印刷メニューがある重要なメニューにもかかわらず、単なる飾りに見えてしまう)もないので安心。
 リボンインターフェース自身は、巨大なツールバーと思えばさほど問題はないだろう(とはいえ、私の作業は試行錯誤が多いので、複数のリボンを同時に表示できるようにしてもらうとありがたい・・・が、それではただのツールバーとおなじか・・・)。

 少し不安なのが、価格やアップグレードだ。私は、最初Office:macを購入し、2004にアップグレードした。しかし、後に親もMacを買った関係で2008へはアップグレードせず、新規にファミリーパックを購入している。
 次期OfficeではOutlookを売りにしているが、Outlookがなくてもいいのでファミリーパックを(できれば安価で)残しておいてもらいたいものだ。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ

|

« フランス旅行(ピカソ戦争と平和美術館前) | トップページ | 茶房 布久庵 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3290/47590726

この記事へのトラックバック一覧です: Office for Mac 2011:

« フランス旅行(ピカソ戦争と平和美術館前) | トップページ | 茶房 布久庵 »