« Dockコネクタのライバル | トップページ | CoreData日本語訳現る »

2010/03/08

高山と国際化

 こちらの日本人は本気で外国人観光客を呼びたいと思っているか?という記事で知りました、日本の行政分野でもっとも多言語表示が進んでいるWebサイトは、高山市のホームページ

 なんと、高山市のサイトが多言語化で一番進んでいるとか。もちろん、すべての自治体をくまなく調べていけばもっと多いところが見つかるかもしれませんが、ちょっと驚きです。

 ちなみに高山市の観光情報の上のほうには、英語、中国語(繁、簡)、韓国語、フランス語、オランダ語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、ロシア語、タイ語の選択肢が並んでいます。
 私は日本語以外ダメなのでよくわかりませんが、高山の概要や歴史、観光施設、名産、食べ物といった定番に加え、トイレの外観や道路にある案内表示など、充実とは言いませんが十分なサイトに仕上がっているみたいです。
 しかし、残念ながら観光情報以外は日本語のみのようです。外国からはもちろん、他県からの転入も少ない市なので、仕方ありませんね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 飛騨高山情報へ

|

« Dockコネクタのライバル | トップページ | CoreData日本語訳現る »

高山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3290/47757698

この記事へのトラックバック一覧です: 高山と国際化:

« Dockコネクタのライバル | トップページ | CoreData日本語訳現る »