« iTunes 10 登場 | トップページ | 変なフランス語 Patisserie Franceaise »

2010/09/03

iTunes 10の見た目

 Macにもインストールしてみました。こちらはライブラリに沢山のデータが入っています。最初にライブラリの更新が始まりました。バージョンアップにはつきものですね。

Button

 さて、iTunes 10には新しくアートワーク付きのリスト表示が追加されたようです。
 以前もリスト表示の時にアートワーク付きにできたのですが、独立したボタンで表示できるようになりました。ただ、列表示やソート順なども通常のリスト表示と異なるため、リスト表示の時にちょっとアートワークを見たい、というときに曲を見失ったりして不便かもしれません。

 また、リストの列を分ける縦線が無くなり、見分けがつきにくくなった感じがします。まぁ、慣れかもしれませんが。


Close

 そうそう、一番変なのは、クローズボックスなどが縦に表示されること。ずいぶんウィンドウタイトルの上端が狭くなったなぁと思ったのですが、ボタンの位置が変わってしまったんですね。
 Apple自身がユーザーインターフェースガイドラインを破るようなことはしてほしくないんですが・・・。

 あと、前回書いたプレイリストが歯車の件ですが、スマートプレイリストの場合のみでした。しかし、それでも歯車とスマートプレイリストの関係は??

 改めてみると、iTunes 9からずいぶん変わってしまった感じです。慣れるまでちょっとかかるかな。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ ポチッとよろしく!

|

« iTunes 10 登場 | トップページ | 変なフランス語 Patisserie Franceaise »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3290/49326523

この記事へのトラックバック一覧です: iTunes 10の見た目:

« iTunes 10 登場 | トップページ | 変なフランス語 Patisserie Franceaise »