« 京都旅行(実相院) | トップページ | フランス旅行(コンコルド広場) »

2010/10/23

Mac OS X Lion

 Mac OS X Lionが発表になりましたが、色々気になる点が。

 まず、正式名称?がMac OS X Lionと、10.7という数字が消えました。なんだか、Windowsの迷走ぶりを追いかけているような気が・・・。


Lion_app_store20101020

 Mac App Storeが始まるということですが、これはSnow Leopardでも提供されるアプリケーションに過ぎないので、Lionの機能では無いですね。再ダウンロードできるのはiTunes Storeと違って良さそうですが。


Lion_springboard1_20101020

 Launchpadは、iPadのようにアプリケーションが一覧表示される機能です。
 アプリケーションフォルダは、直下にアプリケーションが並んでいますが、中にはフォルダがあって、その中にアプリケーション、ドキュメントなどが並んでいることがあり、簡単にアクセスできないものがあるので、それが簡単になるといいのですが。
 ただ、Dockとの機能の重複が気になります。よく使うものはDock、すべてのアプリケーションはLaunchpadということでしょうか。


Lion_bridge20101020

 Mission Controlは、従来「すべてのウィンドウを表示する」と、「特定のアプリケーションのウィンドウを表示する」に分かれていたExposéを、統合したのでしょうか。
 何となく、Exposéの改良版に見えるのですが・・・。


Lion_apps20101020

 フルスクリーンアプリケーションということで、従来アプリケーション毎にフルスクリーンに対応していたのが、OSレベルで対応したと言うことでしょうか。

 今回発表された機能ですが、iPadの機能をMacに戻す、をテーマにしていたようですが、フルスクリーンに関する機能(フルスクリーンのランチャ、フルスクリーンのアプリケーション、フルスクリーンのExposé)だけで、新しいOSとしての魅力が見えてこない気がします。
 ある意味、OSとしての機能は来るべき所まで来てしまったと言うことでしょうか。

 発売までは半年以上あるので、今後もいろいろな情報が出てくるかもしれませんが、ユーザーからはOSが見えなくなり、アプリケションの切り替えだけを行うランチャーになるのかもしれませんね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ

|

« 京都旅行(実相院) | トップページ | フランス旅行(コンコルド広場) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3290/49819578

この記事へのトラックバック一覧です: Mac OS X Lion:

« 京都旅行(実相院) | トップページ | フランス旅行(コンコルド広場) »