« 道の駅巡り(どんぶり会館) | トップページ | いびがわマラソン 終了 »

2010/11/14

Java、Macに残る

 将来的にAppleがJavaから撤退する、そんな噂がいつぞやかありましたが、その後、Xserveの販売中止もあり、いよいよJava撤退が本格化したか・・・と言う気がしていました。

 かつて、Java陣営は"write once, run anywhere(一度書いたらどこでも走る)”をキャッチコピーに「すべてのユーザーがJavaアプリケーションを使うようになるため、OSの意味が無くなる」ような事を言っていた気がします。
 しかし、MicrosoftとSunの確執でWindowsからJavaのプリインストールが無くなり、MacでもJavaのサポートが遅く、事実上サーバーかモバイル機器かという、エンドユーザーから見えない所でしかJavaは生き残れなくなっていました。また、いくつかの企業からPC向けJavaソフトウェアも販売・配布されていたのですが、なぜかサポートはWindowsのみ(そのためインストーラもWindowsアプリになっていたり)など、Javaの利点は全くありませんでした。
 そして、いよいよMacでもJavaが消えるかと思ったのですが、ここにきてOracleがMac版Javaの開発を継続するとの情報が。

 それによると、Mac OS X LionのJava SE 6まではAppleが開発し、Java SE 7以降はOracleが継続するそうです。これで、数少ないMacユーザーの、さらに数少ないであろうJavaユーザーも安心ですね。いや、むしろ、他OSと足並みが揃う可能性が出てきたので朗報かもしれません。
 ただ、Java EEの情報が全くありませんが、このあたりは・・・まぁ、Macでサーバーはあまりないでしょうから問題ないのでしょう。

 私はかつてJavaのプログラムを作っていました。その言語体系はとても良くできていたと思います。ただ、ちょっと現実との乖離が大きかったかな? と言う気も。がんばれ、Java。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ

|

« 道の駅巡り(どんぶり会館) | トップページ | いびがわマラソン 終了 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3290/50013252

この記事へのトラックバック一覧です: Java、Macに残る:

« 道の駅巡り(どんぶり会館) | トップページ | いびがわマラソン 終了 »