« 分水嶺公園 | トップページ | 道の駅巡り(桜の郷 荘川) »

2010/11/05

フランス旅行(オランジュリー美術館)

 オランジュリー美術館(Musée de l'Orangerie)にやってきました。
 2000年から2006年まで大改装のため閉館していたのですが、現在は通常営業です。
 時間に追われ、エッフェル塔に見とれているうちに、うっかり外観を撮影するのを忘れてしまいました!!


Img_3318

 さて、オランジュリー美術館の目玉であり、この絵のためにこの美術館が建てられたと言われていも過言では無い(?)睡蓮です。楕円形の壁に取り付けられた、楕円形に沿った絵。とても不思議な感じですね。
 元々天井からの自然光が当たっていた睡蓮ですが、過去の増築工事で2階が作られたため光が当たらなくなりました。そこで2000年から6年かけて昔のように自然光が当たるようにしたのだそうです。


Img_3328

 巨大ですが、真ん中に椅子も置いてあり、ゆっくり見ることができます。

 さて、睡蓮を見たあとも、有名な作品が次々と。どんどん見ていきます。


Img_3335

 Pierre-Auguste RENOIR. Femme nue dans un paysage.


Img_3336

 Paul CÉZANNE. Paysage au toit rouge ou Le Pin à l'Estaque.


Img_3339


Img_3342

 Pierre-Auguste RENOIR. Portrait de deux fillettes.


Img_3343

 Paul CÉZANNE. Fruits, serviette et boîte à lait.


 オランジュリー美術館はそれほど大きな美術館ではありませんが、美術の教科書などでも有名な人の絵がありますね。

撮影日:2009年11月25日

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

|

« 分水嶺公園 | トップページ | 道の駅巡り(桜の郷 荘川) »

フランス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3290/49816168

この記事へのトラックバック一覧です: フランス旅行(オランジュリー美術館):

« 分水嶺公園 | トップページ | 道の駅巡り(桜の郷 荘川) »