« スリープ解除が遅いSnow Leopard | トップページ | 高山陣屋 »

2010/12/19

iPhoto'11 消えた写真を救え

 ある日、家族が暗い顔をして私に言ってきました。  「写真が消えてしまった」  どうやら、デジカメからiPhotoに移した写真が、次にiPhotoを立ち上げたら消えていたらしいのです。

 早速、iPhotoの検索で日付、ファイル名をもとに検索。しかし、出てきません。Spotlightで検索してもありません。Time Machineで過去にさかのぼってみましたが、iPhotoに取り込んでから消えるまでの間にTime Machineが起動したかどうかもわからないので徒労に終わりました。

 以前、iPhoto'11には写真が消えるバグがあって、すぐにバージョンアップされたという話がありましたが、それに該当するのかどうか・・・。記憶をたどってみると、

1. iPhoto'11の入ったiMacに写真データを(PowerMac G5から)インポート
2. iPhoto'11を起動・終了
3. ソフトウェアアップデートでiPhoto'11をバージョンアップ
4. iPhoto'11を起動・終了
5. iPhoto'11に写真を取り込み
6. iPhoto'11から写真が消える
 iPhoto'11の写真が消えるバグとはちょっと違うような感じがします。PowerMac G5からiMacに移行した際に問題が発生したと考えるほうが確実でしょうか。

 家族はもう写真をあきらめていましたが、まだ手はあると思い、iPhotoライブラリを開いてみました。
Menu

 パッケージの中には、Mastersというフォルダがあるので開いてみます(昔のiPhotoだとOriginalというフォルダでしたね)。リスト表示にして変更日順にソートをかけると、最近取り込んだフォルダそしてファイルが見つかりました。
 しかし、ファイルがファインダ内でプレビュー表示されません。Quick Lookでもそうです。ファイルの情報を見てみると、アクセス権が変なことに。どうやらこれが原因のようです。ファインダ上でアクセス権を直してもいいのですが、不具合が連鎖しても困るので、iPhoto上から直します。

Rebuild

 重要なのはおそらく一番下の「アクセス権を修復」。念のため下から2番目の「リンク切れの回復」と一番上の「データベースを修復」もチェックして実行しました。待つことしばし。

 作業後、残念ながら写真がiPhotoに表示はされませんでした。
 そこで、パッケージの中の写真を一度デスクトップに移動させ、改めてiPhotoに登録しました。
 やっと写真が復活しました。

 それ以降、写真は消えていませんし、その後に追加した写真も消えたりしていません。
 しばらくこのまま様子を見ようと思います。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ

|

« スリープ解除が遅いSnow Leopard | トップページ | 高山陣屋 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3290/50340440

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoto'11 消えた写真を救え:

« スリープ解除が遅いSnow Leopard | トップページ | 高山陣屋 »