« iCloudとMobile Me | トップページ | Lion アドレスブック AirDrop オートセーブ »

2011/06/08

Lion アクセシビリティ

 さて、WWDCで公開されたLionの特徴。

●名称
 まずは、表示名から「Mac」が消えました!! Snow Leopardから10.6というバージョンナンバーが無くなりましたが、ついに、Macまでなくなり、シンプルにOS X Lionになりました。これは一体どういう事なんでしょう。

 名前はさておき、250を超える新機能のページで変更点が網羅されているみたいです。

●アクセシビリティ
 アクセシビリティの欄が最初に並んでいるのでみてみます。VoiceOverに英語以外も追加されました。実は、これを確認するためにSnow Leopardにバージョンアップして以来初めてVoiceOverユーティリティを起動しましたが、英語の部分しか発音されません。これが日本語まで発音されるのはよいことです。しかし、Snow LeopardのVoiceOverユーティリティもすごく多機能ですね。色々試してみたいです。

 次に、ピクチャインピクチャのズーム。従来カーソルキーの周りだけが大きくなって、全体が見渡せなくなっていたので、こういう機能が欲しかったです。



|

« iCloudとMobile Me | トップページ | Lion アドレスブック AirDrop オートセーブ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3290/51882954

この記事へのトラックバック一覧です: Lion アクセシビリティ:

« iCloudとMobile Me | トップページ | Lion アドレスブック AirDrop オートセーブ »