« 生きびな祭 | トップページ | Bitnami Redmineを自動起動する »

2011/06/14

OS X Lion Text

 250を超える新機能の続きを見ていきます。

●Text
 OS標準で縦書きがサポートされたようですね。NSTextViewを使ったアプリケーションなら対応の可能性があるわけですね。もちろん、ルーラーなどアプリケーション毎に対応しなければならないでしょうけど。

●TextEdit
 書式設定バーが新しくなったようです。OS標準のフォントパネルは、あまり使われていなかった感じがするので、これが自然な流れではないでしょうか。

●TimeMachine
 ローカルスナップショットという機能がついたみたいですね。外付けハードディスクを外した状態でも若干TimeMachineが利用できるみたいです。
 それと、暗号化ですね。自宅で使っているとあまり関係なさそうですが、ミニオフィスで使うには重要でしょう。

●バージョン
 バージョンは、過去の書類との間のコピー・ペーストができるようだし、古いバージョンの削除もできるようです。

●そのほかの機能
 ついに?ウィンドウのサイズ変更が上下左右どこからでもできるようになります。Windowsみたいですね。Mac OS 9時代はウィンドウに枠があったのですが、OS Xになって枠が無くなりました。そのため、サイズ変更できるエリアがわかりにくいと思います。ウィンドウの形状も改善されるのでしょうか。


 色々便利になるのでしょうが、まだまだ不安な部分もあります。早く使ってみたいですね。

|

« 生きびな祭 | トップページ | Bitnami Redmineを自動起動する »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3290/51915934

この記事へのトラックバック一覧です: OS X Lion Text:

« 生きびな祭 | トップページ | Bitnami Redmineを自動起動する »