« Xcodeでgitを試してみる その1 | トップページ | Xcodeでgitを試してみる その3 »

2012/04/30

Xcodeでgitを試してみる その2

 Xcodeの右上に「Editor」という3つのボタンがあります。そのうちの右端のボタンの上にポインタを乗せると「Show the Version Editor」と出てきますが、このボタンを押すと、過去にコミットしたリビジョンと比較することができます。

2

 左側にローカルリビジョン(ワーキングコピー)、右側に、最後にコミットしたリビジョンが表示されます。左右各エディタ下部に表示されている「Local Revision」の部分をクリックすると、他のリビジョンを表示することもできますが、エディタ下部中央のTime machineアイコンをクリックすることで他のリビジョンを選ぶこともできます。

3

 左右のエディタの間にTime machineのようなタイムラインが現れます。一番下のLocalがローカルリビジョン(ワーキングコピー)、その上のbaseが最後のコミット、さらにその上が過去のリビジョンになります。このバージョンエディタでは、過去のリビジョンからのコピーと、ローカルリビジョンの編集が可能です(過去のリビジョンの編集はできません)。

 Xcode右上端に、Organizerボタンがあるので、このボタンを押すと、リポジトリを見ることができます。

5

 ツールバーから「Repositories」を選ぶと、リポジトリのログを見ることができます。左端のレポジトリ一覧で、レポジトリ名の下にBranches、Reomtes、プロジェクト名のフォルダが並んでいます。RemotesがSubversionなど中央管理型バージョン管理ソフトでいうリポジトリですが、一人でgitを使う分には、Branchesがリポジトリだと考えれば良さそうです。そして、一番下のプロジェクト名が、ローカルリビジョンに当たります。

6

 プロジェクト名をクリックすると、ローカルリビジョンのファイルとログが表示されます。

7

 リビジョン名横の展開ボタンをクリックすると、リビジョンで変更されたファイルの一覧が表示されます。「View Changes」ボタンを押すと、バージョンエディタのような画面が表示されます。


|

« Xcodeでgitを試してみる その1 | トップページ | Xcodeでgitを試してみる その3 »

プログラミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3290/54592945

この記事へのトラックバック一覧です: Xcodeでgitを試してみる その2:

« Xcodeでgitを試してみる その1 | トップページ | Xcodeでgitを試してみる その3 »