« 2012いびがわマラソン大会要項発送!! | トップページ | 2012いびがわマラソン大会要項到着!! »

2012/06/14

iPhotoがマイナーバージョンアップ

 WWDC後に、iPhotoが9.3にマイナーバージョンアップしました。
 Aperetureとの連携ができるようになったとか、書き出しのときに若干機能がついたとか、AVCHDをサポートしたとか、あまり私には関係ないバージョンアップです。

 しかし、左端のライブラリなどのリストで、日本語の文字が太字になっているのが気になります(文字サイズが小の場合のみ)。数字やアルファベットは普通のままなので違和感があります。Retina対応のためになにか手が加わったのでしょうか。

 ほかに、密かに変わった点としてoption+commandキーを押しながら起動したときに表示されるFirst Aid画面が新しくなりました。

20120613_214627_2

 おそらく、重大なトラブルほど下の方になったのでしょう。そして、アクセス権を修復がデフォルトになりました。この機能はしょっちゅう使うので、デフォルトでオンになっているとクリックが一つ減って楽です。

 そのほか、バージョンアップ後に最初にiPhotoを起動すると、ライブラリの再構築が始まりますが、その処理によって「修復された写真」というイベントができあがりました。何らかの原因で消えたか、ゴミ箱に入れたけどうまく削除できなかった写真などが帰ってきたのだと思います。これから確認してみます。

|

« 2012いびがわマラソン大会要項発送!! | トップページ | 2012いびがわマラソン大会要項到着!! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3290/54954054

この記事へのトラックバック一覧です: iPhotoがマイナーバージョンアップ:

« 2012いびがわマラソン大会要項発送!! | トップページ | 2012いびがわマラソン大会要項到着!! »