« 娘、スプーンで食事 | トップページ | ドコモとiPhoneといえば… »

2013/02/08

ドコモ、契約数純減

 1月の携帯・PHS契約数はドコモ再び純減、iPhone報道は否定ということで、昨年11月に続きドコモの契約数が純減に転じたそうです。

 12,900件の純減だそうですが、この契約数には、通信モジュールの数も含まれています。通信モジュールは39,700件の純増になっていますので、携帯電話に限っていえば、数字以上の減と見ていいでしょう。

 純減の理由は「春モデルを見据えた買い控え」とドコモは予想しているそうですが、11月に「冬モデルが出揃っていないから」減に転じ、12月は「冬モデルが発売されたので」増に転じたとも発表していました。今から春モデルのための買い控えといわれると、先行きが不安です。冬モデルはせめて春まで持たないのでしょうか。

 ニュース系サイトではiPhoneを取り扱っていないからという発言を目にしますが、さすがに1機種だけでそんなに増減するとは思えません。いろいろ大きなミスをしているのだと思います。

 ちなみに、iPhoneは1年に1機種しか新製品をだしていませんから、ドコモがそれに対抗するには、毎月新製品を出すという手もありますよね。何しろ「春モデルの買い控え」が1月から始まっているわけですから、毎月新製品を出せばそれがなくなるはずです。

 日本メーカーの強みは、年に3回、キャリアごとに異なる複数の製品を作るという開発力。そこをもっともっと極めてほしいですね。

|

« 娘、スプーンで食事 | トップページ | ドコモとiPhoneといえば… »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3290/56720494

この記事へのトラックバック一覧です: ドコモ、契約数純減:

« 娘、スプーンで食事 | トップページ | ドコモとiPhoneといえば… »