« 2013年5月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月の5件の記事

2013/12/25

iPhone、始めました。

さて、この秋からiPhoneを利用するようになりました。スマートフォンデビューです。
iPhoneを使うようになって、最初に「はてな」と思ったのが、メールアプリ、メッセージアプリ、FaceTimeアプリ、SMS、MMS、iMassageの関係でした。そして、それぞれに有料・無料(定額分に含まれる)があったりして、どれをどう使えばよいのかわからなかったりします。そこで、自分なりに整理してみました。

まず、それぞれのアプリの前に、iPhoneがどのような無線通信を行っているかです。
1.音声通話回線
 携帯電話で最も基本的な電話回線です。ドコモやauといったキャリアと接続します。料金は通話料として発生します。
2.パケット通信回線
 3Gや4G(LTE)など、データ通信を行う回線です。キャリアと接続します。料金はパケット料金として発生し、キャリアとの契約にもよりますが、通常定額となります。
3.WiFi回線
 無線LANです。自宅や職場に設置してあるもの、キャリアなどが提供するものなどあり、料金は接続先によって異なります。

さて、以上を踏まえたうえで、まず、メッセージアプリですが、これはSMS、MMS、iMassageを統合したアプリケーションです。
SMSは、140文字程度の文字のみのメールを送るサービスで、1.音声通話回線を利用します。料金は通話料として発生しますが、時間単位ではなく1通あたりで発生します。
MMSは、2.パケット通信回線を使った文字・画像などのメールを送るサービスで、料金はパケット料金として発生します。現在、auとソフトバンクのキャリアメールはこのMMSを利用していますが、ドコモはMMSに対応していないそうです。
iMassageは、アップル独自のサービスで、相手がiPhoneなどのアップル製品の場合のみ利用可能です。3.WiFi回線または3.パケット通信回線を利用します。
メッセージアプリは、まず相手がアップル製品を利用しているかを確認し、そうであればiMessageで通信をし、そうでなければMMSまたはSMSを利用します。件名がない、文字のみである、文字数が規定以下、の条件がそろうとSMSで通信をするようです。

次に、メールアプリですが、これはインターネットメールと同じです。3.WiFi回線または2.パケット通信回線を利用します。プッシュ通知には対応していないので、リアルタイム性に欠けます。

最後に、FaceTimeアプリですが、これはiMessageと同じくアップル独自のサービスで、メールではなくビデオ通話、音声通話をするものです。そういう意味では、メッセージアプリやメールアプリと同列に並ぶのではなく、電話アプリと同列に並ぶものになります。3.WiFi回線または2.パケット通信回線を利用します。

相手がアップル製品を使っているのであれば、メッセージアプリでメール、FaceTimeアプリで電話をすることで、WiFi回線やパケット通信回線を利用した無料(定額料金に含まれる)通信ができそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/16

太陽光発電、調べました。

 太陽光発電システムを導入してから2ヶ月、ずいぶん発電量が少ないなぁと思っていたのですが、それが季節的なものかどうか、調べてみました。
 パナソニック公式サイトに発電量のシミュレーションがあったので、これを我が家の10.252kWに当てはめると、年間発電量は12,938kWh、11月の発電量は889kWhになりました。我が家の年間予想発電量は10,006kWh、11月の発電量実績は665kWh。うーむ、年間予想が約77%、11月実績が約75%ですか・・・。ちなみに、パナソニックのシミュレーションは、操作を簡単にするためか、屋根の角度の入力画面がありません。おそらく、理想的な30度程度のはず。
 そこで、京セラのサイトのシミュレーションで、屋根の角度10度のシミュレーションを行ってみました。
 すると、年間予想発電量が10,245kWh、11月の発電量は606kWh。年間予想で98%、11月実績で110%! かなり近いです。そして、シミュレーションでは、発電量が一番多い5月の発電量が1,170kWhと、11月の1.9倍。パネルが水平に近いので、夏にはかなり好転が見込まれそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/15

太陽光発電、天気を見ました

 太陽光発電を始めてから、ずいぶん天気を気にするようになりました。

 今まで気にしていなかったのですが、普段の生活に何ら支障が無い明るさでも、意外と曇っていたりするんだなぁと。そして、太陽光発電は、かなり雲やもやのような天気に敏感です。くっきりと影が出るくらい日が照っていないと、十分発電しません。
 そして、我が家の西にある山の影響が意外とあることに気がつきました。西からかなりの雲が流れてくるのです。日本海側からの湿った空気が、山を上ることで雲になる、理科の授業のとおりの現象が起きているのです。私の職場は自宅から20kmぐらい離れたところにあり、職場が晴れているのに我が家は曇、ということが多いのです。
 天気や地形は何ともしようがありませんから、のんびり待ち構えることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/13

太陽光発電、続けています

 さて、太陽光発電システムが稼働し始めたのは10月6日でした。それからすでに2か月がたっています。いったいどれくらい発電したのでしょう。
 ちなみに、我が家のシステムは公称発電量10kW以上なので、全量買取になっています。パナソニックの太陽光発電システムでは、全量買取の場合、発電量を確認したりするモニタがありませんので、毎日売電メーターを見に屋外まで行っています。

 というわけで、10月6日から11月6日までの発電量は・・・・712kWhでした。私の予想834kWh/月の85%しかありません。原因はいくつか考えられます。
・2階および山の影の影響。
・10月前半に台風の接近が多かったため、天気が悪かった。
・季節的に日照時間が少なかった。
2階及び山の影の影響はどうしようもありませんが、あとの二つは季節的なものなので、例えば夏にたくさん発電してくれれば…と期待するほかありません。

そして、11月6日から12月6日までの発電量は・・・・633kWh! 予想の76%です。やはり、季節的なものでしょうか。冬になると太陽の高度が低くなるので、水平に近い太陽光パネルはどんどん不利になってきます。

 残念な気持ちでいっぱいですが、きっと夏にはたくさん発電してくれるに違いない・・・そう考えて自分を慰めることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/12

太陽光発電、はじめました。

 今年、我が家で一番のニュースは、家を建て直したことです。古い家の取り壊しから新しい家の完成まで約9か月。長いような、短いような。

 そして、新居の屋根には太陽光発電システムを取り付けました。パナソニック製HIT233を44枚です。新居を作っている間にHIT240という、性能アップ、価格ダウンな商品が発売されたのですが、やはり新製品は値引き率が低いため、HIT233を採用しました。

 さて、どれくらい発電するか…ですが、ここで、この太陽光発電システムの設置状況の説明を。
 まず、我が家は新築ではありますが、太陽光発電ありきでは設計しませんでした。太陽光パネルは、勾配約30度で南向きに設置すると、発電量が多くなります。しかし、我が家の屋根のこう配は約8度(1.5寸勾配)という水平に近い屋根です。
  そして、2階の屋根が北向き片流れなので、南向き片流れ1階の屋根にのみパネルを設置しました。この関係で、時間帯によっては一部のパネルが2階の影に入ってしまいます。
また、私が住んでいる地域の問題ですが、西に900m級の山があります。そのため、12月には午後3時半には日が暮れてしまいます。

  2階の影の影響と山の影響は簡単には計算できないのですが、いろいろな太陽光発電シミュレーションサイトから、私の住んでいる地域の年間日照時間1,100時間、勾配の影響を約89%として、年間発電量を約10,006kWhと予想しました。1か月834kWhです。
  ここから、2階の影になる部分と山の影響を引かなければなりませんが、2階の影の影響を受けるのはパネル7枚のみで午前中のみ、山の影響も、発電量が少ない夕方しか受けないと割り切れば、合わせて1割ダウンぐらいで収まるのでは・・・と考えています。
果たして、結果は・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2014年1月 »