« Yosemiteの写真(Photos)の懸念 | トップページ | Yosemiteの写真(Photos)のマルチユーザー使用 »

2015/04/13

Yosemiteの写真(Photos)の導入

 Yosemite 10.10.3をインストールし、写真を起動してみました。

 最初にデモ画面が開きますが、「はじめよう」ボタンをクリックすると、iPhotoライブラリーの選択画面が開きます。そのままiPhotoライブラリーを選択し、どんどん進めていくと、ライブラリーの更新が始まりました。さすがに1.3TBのライブラリの更新は時間がかかると思い、そのまま一晩放っておいたので、更新にどれくらいの時間がかかったかはわかりません。
 更新が終わると、写真の一覧が表示されます。スクロールすると、最初は真っ白なところに、ものすごくぼんやりした写真のサムネールが現れ、やがてくっきりとしたサムネールになります。スクロールして表示させるたびに、表示されている範囲の写真のサムネールが作られるようです。一度サムネールが作られれば、次回からの表示は速くなります。
 さて、懸念だったハードディスクの容量問題ですが、iPhotoライブラリー1.3TBと、写真ライブラリー1.3TBが2.0TBのハードディスクに収まり、まだ空き容量があることから、ハードリンクでうまいこと処理されているようです。ひとまず安心。
 しかし、Time Machineがうまく動作しませんでした。本体内蔵ハードディスクの使用量と写真用外付けハードディスクの使用量を足してもTime Machine用ハードディスクに十分入るはずにもかかわらず、「空き容量が足りません」と表示されます(この時点で、最新のバックアップ以外は全て消去されていました)。とはいえ、バックアップがないのは困るので、一度Time Machine用ハードディスクをフォーマットし、一からバックアップし直しました。

|

« Yosemiteの写真(Photos)の懸念 | トップページ | Yosemiteの写真(Photos)のマルチユーザー使用 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3290/61433021

この記事へのトラックバック一覧です: Yosemiteの写真(Photos)の導入:

« Yosemiteの写真(Photos)の懸念 | トップページ | Yosemiteの写真(Photos)のマルチユーザー使用 »