« iCloud Drive + Time Machine | トップページ | Yosemiteの写真(Photos)の導入 »

2015/04/10

Yosemiteの写真(Photos)の懸念

Mac OS X 10.10.3がリリースされ、「写真」アプリが搭載されました。

 しかし、アプリの名前を一般名称にするのはやめてもらいたいですね。「写真を写真に取り込んで…・」とか、わかりにくくてしょうがありません。

 さて、我が家では今までiPhotoを使っていました。しかし、iPhotoのリリースも終わり、いつまでもiPhotoにすがっているわけにもいかないので、写真に乗り換えることにしました。

 我が家では、1台のiMacに家族それぞれのアカウントを作成し、ファーストユーザースイッチで切り替えながら利用しています。iPhotoのライブラリーは外付け2TBハードディスクに置いていて、家族全員で共有しています(iPhotoのライブラリーは複数アカウントからの同時アクセスはできないため、ファーストユーザースイッチで切り替える前にiPhotoを終了する必要があります)。iPhotoのライブラリーの大きさは約1.3TBで、ハードディスクの容量の半分以上を使っています。

 懸念事項は、
・iPhotoライブラリーから写真ライブラリーにデータを移行する際、写真データがまるまるコピーされることはないか?
 もし写真データがコピーされるなら、ハードディスク容量が足りません。ネットの情報では、iPhotoライブラリー内の写真データにハードリンクを貼るだけなので、せいぜい管理データ程度しか必要としないらしいのですが、実際のところはどうでしょうか。
・写真ライブラリーがハードリンクで構成されているとして、iPhotoライブラリーは削除して問題ないか?
 ハードリンクであれば、iPhotoライブラリーを消しても問題ないはず・・・と思いますが、どうでしょうか。iPhotoライブラリーには、写真アプリに引き継がれないサムネールやキャッシュデータが残っているでしょうから、いずれは消したいと思います。
・複数のアカウントから利用できるか?
 これがとても重要なのですが、写真ライブラリーが特定のアカウントと結びつけられるため、他のアカウントから利用できない(または、ファーストユーザースイッチのたびに何か設定が必要になる)となると、大変です。

 さて、うまく移行ができるでしょうか。

|

« iCloud Drive + Time Machine | トップページ | Yosemiteの写真(Photos)の導入 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3290/61417637

この記事へのトラックバック一覧です: Yosemiteの写真(Photos)の懸念:

« iCloud Drive + Time Machine | トップページ | Yosemiteの写真(Photos)の導入 »