« 2015年10月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月の3件の記事

2016/01/30

円偏光フィルタ

 カメラのレンズをどうしようかと迷っている間に1月も終わり、キヤノン修理サービスの送料無料期間も終わりを迎えました。

 余談ですが、キヤノンの引き取り修理サービスは良かったです。まず、ウェブサイト上に、おおよその修理料の目安と修理日数が出ています。それを見てから依頼。指定日時に引き取りの人がやってきます。数日中にキヤノンから修理内容と見積のメールがきます。
 私の場合、見て貰いたい項目が多かったので日数は予定よりかかりましたが、修理料は目安の中に収まっていました。また、依頼していた内容以外の問題についても連絡が入っていました。
 ウェブサイトから、大まかな進捗もわかるので、安心です。

 以前も書いた通り、カメラ本体は直りましたがレンズの故障が判明しました。修理か新規か迷いましたが、新しいものを入手することにしました。新しいといっても、現在使用しているモノの後継レンズです

 レンズを新しくするのですから、プロテクトフィルターか偏光フィルターもほしいところです。風景とか撮るとなると、やっぱり偏光フィルターがいいですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/26

ビデオはどうするか・・・

 カメラに引き続き故障したビデオデッキ。症状としては、HDD側の録画・再生には問題が無いのですが、Blu-rayディスクを挿入しても、認識してくれない状態です。修理するか、新しいデッキを買うか悩ましいのですが、修理に出すと、その間録画ができませんし、現在HDDに撮り溜めしてある番組も消えてしまう可能性があります。何れにしても、新しいデッキを買って、撮り溜めしてある番組を全て消化してから修理するしかありません。

 私はそれほどメーカーにこだわるほうでは無いのですが、テレビもソニーなので操作方法の統一のためにも、次回もソニー製を購入する予定です。

 そこで、ソニーのサイトを見たのですが、HDD+Blurayデッキがチューナー数で3モデル、HDD容量で2モデル、実質1機種6モデルしかありません。昔のβやVHSの時代は、十数機種もあったような気がするのですが…。

 とりあえず、現在の1チューナーでは足りないことが時々あるので、2チューナーのモデル。ハードディスクは増設もできるし、今も低画質長時間録画をしている(Blurayに残そうと思うと、高画質のままでは枚数が増えて大変!)ので、500MBモデルで十分かなぁ…と思っています。

 あとは、先立つものだけですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/22

モノには寿命がある

  6年前に一眼レフカメラとビデオ(HDD+Bluray)デッキを購入したのですが、昨年末にカメラのシャッターボタンが、そして今日ビデオデッキのBluray部分が故障しました。
 偶然とはいえ、ほぼ同じ時期に寿命でしょうか。

 カメラは6万枚以上撮影していて、メーカーが発表しているシャッターの耐久回数5万回を超えているので、仕方ないかなとは思います。

 とりあえず、二週間前にカメラ本体を修理に出したところ、今日修理が終わって戻ってきました。シャッターボタン以外にも気になる点の修理をお願いしたので、すっかり良くなっていました。

 しかし、標準ズームレンズを取り付けてみたところ、オートフォーカスが効きません! 念のため他のレンズをつないでみると、問題なく動作するので、修理から返ってきた本体の問題ではなく、手元に残していた標準ズームレンズ側の問題のようです。

 思い起こすと、カメラが故障する直前、オートフォーカスの動作が悪かったような気がします。ただ、その直後にシャッターボタンが故障したため、レンズのオートフォーカスの故障ではなく、カメラ本体のシャッターボタンの問題だと思い込み、本体だけを修理に出してしまったのです。

 レンズだけを修理に出そうかとも思いましたが、修理代金に数千円足すと後継レンズが買えてしまうだけに、ちょっと悩みどころです…。


 しかし、カメラ本体、レンズ、ビデオデッキ、みんな同じくらいの寿命なんですかねぇ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2016年2月 »