« 私のカメラ歴 | トップページ | EOS 9000DとEOS Kiss X9i »

2017年7月 7日 (金)

EOS Kiss X3の思い出

 さて、私がカメラを使用する一番の目的は、子供を撮ることです。当然、元気に走り回る子供を撮るのは大変です。EOS 9000Dを購入する前は、EOS Kiss X3を使っていました。もちろんがんがん使っていて、保存してある写真の枚数からして、10万回以上シャッターを切っていると思います。
 しかし、当然古い機種だけに使いづらいところもあります。

 まず、AFポイントが9ポイントと少ないです。そのため、ピントを合わせたい場所に近いAFポイントを選ぶ、シャッターボタンを半押ししてフォーカスロック、構図を合わせ直して撮影、という手順を踏む必要があります。9000Dは一気に45ポイントに増えましたので、むしろ多いぐらいですね。

 次に、動画撮影が苦手です。AFに時間がかかるので、動き回る子供相手に、録画中のピント合わせはほぼ不可能です。9000DはデュアルピクセルCMOS AFとタッチ液晶のおかげで、ピント合わせが楽に出来ます。

 あとは、Kiss X3の問題ではありませんが、自分のすぐそばにいるかと思えば、あっという間に遠くに走って行く子供を撮るには、キットレンズの18mm-55mmと55mm-250mmを頻繁に交換する必要があります。

 そこで、今回は、9000D EF-S 18-135 IS USMレンズキットを購入することにしました。

« 私のカメラ歴 | トップページ | EOS 9000DとEOS Kiss X9i »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3290/65515970

この記事へのトラックバック一覧です: EOS Kiss X3の思い出:

« 私のカメラ歴 | トップページ | EOS 9000DとEOS Kiss X9i »